" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

チャンスはつねにある(沼田恵範)|7月30日

2020.07.30 Thursday

JUGEMテーマ:日常

 

#朝レン20730jm 🌴 #朝活レンジャー #愛拶0730 #旭川 #朝勉 #朝活 #商いの心

 

チャンスはつねにある(沼田恵範)

 

沼田恵範(えはん)(明治三十年・一八九七〜平成六年・一九九四)は、仏門の出で、旧制平安中学を卒業したあと西本願寺から派遣されて渡米し、苦学しながらハーバード大学を卒業。このあとアメリカで仏教伝道に従事したのち帰国し、昭和九年(一九三四)に日本初の精密測定機器メーカーである三豊製作所(現ミツトヨ)を創業した。

ちなみにミツトヨを創業したのは、仏教を世界に伝道するための資金づくりを目標にしてのもの。その歩みは筆舌に尽くし難いものであった。が、「努力すれば必ずや道は拓ける」と確信して闘い続け、ついにミツトヨを世界一の精密測定機器メーカーへと育て上げ、同時に仏教の世界伝道という夢も実現しているが、次のように語っている。

「動があれば反動があるように、変化があるのが世の常だ。景気のよい時も悪い時もある。が、どんな時でも、いかなる時でも、必ずやチャンスはある」

 

7月30日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

何かで少し読んだことがあります。

 

創業の精神が「仏教伝道の支援を通じて人々の幸福に寄与する」。

 

世界一の精密測定機器のメーカーというのはアメリカでの仏教伝道の経験からいち早く世界に出たこともあるのでしょうね。

 

やれないできないではなく必ずチャンスはある。

 

言い訳ばかり浮かぶようではとっても問題です。

 

やれることを必死で考え行動していくことが大事ですね。

 

今日も一日がんばります。

 

コメント