" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

世間より一歩だけ先んぜよ(服部金太郎)|7月19日

2020.07.19 Sunday

JUGEMテーマ:日常

 

#朝レン20719jn 🍨 #朝活レンジャー #愛拶0719 #旭川 #朝勉 #朝活 #商いの心

 

世間より一歩だけ先んぜよ(服部金太郎)

 

服部金太郎(万延元年・一八六〇〜昭和九年・一九三四)は、東京出身で、時計店に丁稚奉公を経て、明治十四年(一八八一)、二十二歳で独立し「服部時計修繕所」を開業した。さらに明治二十五年に「精巧舎」を創業して念願の時計生産に乗り出して事業の基礎を固めているが、その後も”先手必勝の経営”をモットーとして一日も休むことはなかった。

前掲の言葉は、服部金太郎が晩年の自分の歩みを振り返ってのもの。次のように語っている。

「自分に幾分でも他人より優れたものがあったとするなら、それは常に、世間より一歩だけ先んじて仕事をすることを心がけていた点であろう。

この一歩だけ先んずることは一番大切なことで、何歩も先に進みすぎると世間からかけ離れてします。商人は、いつも現実と接近していて、かつ一歩だけ先んずることが必要である」

 

7月19日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

一歩だけ先んずること。

 

これはとっても難しいことかもしれませんね。

 

頭の中はアイデア溢れてくると一歩だけではすまされません。

 

何歩も先に行ってします。

 

長く永続する経営者には様々なことが必要ですね。

 

これほど辛いものも楽しいものもないかもしれません。

 

今日も一日がんばります。

コメント