" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

人々西へ走らば、我は東に向ふ(本間宗久『宗久翁秘録』)|7月8日

2020.07.08 Wednesday

JUGEMテーマ:日常

 

 

#朝レン20708js 🌊 #朝活レンジャー #愛拶0708 #旭川 #朝勉 #朝活 #商いの心

 

人々西へ走らば、我は東に向ふ(本間宗久『宗久翁秘録』)

 

本間宗久(享保二年・一七一七〜享和三年・一八〇三)は、のちの日本史上第一の天才相場師として記録されることになった人物。また「本間様には及びもつかぬが、せめてなりたや殿様に」とうたわれた東北随一の豪商・本間家の遠祖で、本間家発展の基礎づくりをした人物としても歴史に名を残している。

前掲の言葉は、本間宗久が子孫のために書き残した米相場の秘伝書『宗久翁秘録』(寛政八年・一七九六年刊)から抜き出したもの。次のように説いている。

「一統騒立節(いちとうさわぎたつせつ)、人々西へ走らば、我は東に向ふ時は極めて利運なり」

何か予想外の事件等が発生した時や情勢の急変が生じた時には、人間はとにかく群衆心理にかられて間違った方向に走りがちだから、逆に行動すると大きな利益をつかめるというのである。現代風にいえば、”反対思考”の大切さを説いたもの。相場訓の一つだが、のちに商いの知恵の一つになった。

 

7月8日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

人間の心理というものは不思議なものです。

 

マスクやティッシュ、アルコールなんかも群衆心理の働きと言えるかもしれませんね。

 

あわててそちらに向かっていく。

 

その時は値段もなにも関係なくなる。

 

そういう時に違った発想のできる頭は常にもつべきだとは思います。

 

逆に動いてみる。

 

そういうことも大事なことかもしれません。

 

でも、判断は自分ですから失敗しても人のせいにはできませんね。

 

今日も一日がんばります。

コメント