" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

常に意欲し、常に用意しておく(佐伯勇)|6月30日

2020.06.30 Tuesday

JUGEMテーマ:日常

 

 

#朝レン20630jk 🔥 #朝活レンジャー #愛拶0630 #旭川 #朝勉 #朝活 #商いの心 #佐伯勇

 

常に意欲し、常に用意しておく(佐伯勇)

 

佐伯勇(明治三十六年・一九〇三〜平成元年・一九八九)は、昭和二十六年(一九五一)から実に二十一年間も近畿日本鉄道社長のポストにあった。また昭和四十八年に会長に昇格したあとも超実力トップぶりをみせ、近鉄グループ内では、”天皇”と呼ばれていた。

前掲の言葉は、佐伯勇が近鉄グループ近代化の歩みを振り返ってのもの。次のように語っている。

「運命の神は公平で、だれにでも一様に、公平に機会を与えてくれる。この機会をつかむか、つかまないかということが事業の成否の分れ目になる。だからこそ、常に意欲し、常に用意しておくことが大切なのだ」

また別の折に、こうも語っている。

「世界は日々進歩する。明日は必ずくる。だからこそ、日々新たに、常に意欲し、常に用意されておるということが大切なのである」

そして、こう結ぶのが常だった。

「わしは天衣無縫(てんいむほう)、ひたすら会社の興隆発展に邁進しておる。生命と健康と、そして私のすべてを会社に打ち込んでおる」

 

6月30日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

簡単にいうと常に燃えている人。

 

毎日ワクワクしながら準備をしている人。

 

そんあイメージでしょうか。

 

チャンスはいつ来るかわからない。

 

そしてすぐにそのチャンスをつかむ。

 

今日も一日がんばります。

コメント