" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

外交販売五つの決め手(江崎利利一『商売ひとすじの記』)|6月29日

2020.06.29 Monday

JUGEMテーマ:日常

 

 

#朝レン20629jg 🌛 #朝活レンジャー #愛拶0629 #旭川 #朝勉 #朝活 #商いの心 #江崎利一

 

外交販売五つの決め手(江崎利利一『商売ひとすじの記』)

 

江崎グリコの創業者・江崎利一(前出)は、その著書『商売ひとすじの記』のなかで、自らの体験をもとに「外交販売五つの決め手」を披露している。「人の性質は十人十色だ。進んで相手の虚を誘発して説得するやり方」に次の五つが決めてになるとしている。

一、転気法―相手があることがらに強い関心をもっている時、突然他に気分を転換させ、その瞬間に乗じて自分の希望する方向に導くやり方。

一、挫折方―相手の熱中してくる強い感情をひきはずし、意表に出てその虚に乗ずるやり方。

一、誘念法―相手の考えがこちらの考えと反対の場合、用件に関係のないそして相手が興味をひくことから話し出し、知らず知らずのうちに自分のふところに誘導するやり方。

一、暗示法―相手の感情をそのまま利用し、大いにその自尊心を満足させて暗示を与えて効を奏するやり方。

一、放任法―相手を逆らわず、それでいて自然によい方向に向けるやり方。

以上の五つをあげたうえで、さらに次のように補足している。

「どの方法を応用するにしても、自分の考えに自信があり、相手の考えをよく知ってかかることが肝心で、それさえしっかりしていれば、たいていの交渉ごとはうまくいく」

 

6月29日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

ビジネスは心理戦であると言われているような気もします。

 

そして、孫子の兵法にも通じていくような気もします。

 

彼を知り己を知れば百戦して危うからず。(謀攻篇)

 

相手の事を知り自分のことを知る。

 

最終はどんなに言葉たくみでも信念がものをいうということでしょうか。

 

総合的にならねければいけないんでしょうね。

 

今日も一日がんばります。

コメント