" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

店格を磨き、店の個性を樹立を樹立する(相馬愛蔵)

2020.06.22 Monday

JUGEMテーマ:日常

#朝レン20622jg 🌛 #朝活レンジャー #愛拶0622 #旭川 #朝勉 #朝活 #商いの心 #相馬愛蔵

 

店格を磨き、店の個性を樹立を樹立する(相馬愛蔵)

 

相馬愛蔵(中村屋創業者、前出)は、商店経営に近代的手法を導入して商業界をリードした人物。かれが創業した新宿・中村屋は文化の香り豊かな東京一ハイカラなレストラン兼菓子店として人気を集めたが、それは相馬愛蔵ならではの店づくりがあってのものであった。

前掲の言葉は、相馬愛蔵が店づくりの秘訣について語ったもの。次のように説いている。

「人はそれぞれ性質も異なるし、仕事も異なるのに商店にはとかく雷同性が多く、個性の認められる店は極めて少ない。どの店も大方、似たりよったりで、一向に特色がなく、これでは在立の意義は極めて薄い」

「店そのものの本質的向上を計り、人格を磨くが如く店格を磨き、店の個性を樹立することことに努力しなければならない。店の品格を高めると同時に、はっきりした特色を持ち、常にその長所を発揮することが大切なのである」

 

6月22日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

個性のある、自社にしかできないことを常に磨きつづけなければいけませんね。

 

人格を磨くように、店格も磨く。

 

買う人の立場になって物事を考える。

 

当社から買う理由は何か。

 

店格を磨きます。

 

今日も一日がんばります。

コメント