" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

予算即決算(五島慶太)|5月21日

2020.05.21 Thursday

JUGEMテーマ:日常

 

#おは戦20521mm #愛拶0521 #旭川 #朝勉 #朝活 #商いの心 #五島慶太

 

予算即決算(五島慶太)

 

商い、さらに企業経営の基本は計数管理にある。だが現実はどうか。計数管理の重要さをとうに承知しているはずなのに、甘さがみられるというケースが多い。

なかでも目立つのは予算管理の甘さである。期首にもっともあらしい予算を立ててはいるものの、いざ決算してみると売上、収益ともに予算をはるかに下回っていて、予算を作成した意味がないというケースが多い。

五島慶太(東急グループの創始者、明治十五年・一八八二〜昭和三十四年・一九五九)が問題としていたこともそのことだった。かれは社内で計数管理の徹底、なかんずく予算必達こそが最重要課題だとし、その徹底実践を強く求めた。次のようにいっている。

「私が実業界に入ってから成功した秘訣は、予算主義をとったことである。即ち予算即決算とい決心をみんあに強く吹き込んで、それを全部がこぞって実行に努めたことである。これが成功の大原因だ」

 

5月21日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはよございます。

 

経営計画書で予算を立てて実行に向かっていくわけですが甘さが目立つというのは耳がいたい言葉です。

 

予算(計画)をどう実行していくのかとなると毎日の数字の管理ということになるのでしょうね。

 

それには経営者みずからが意識をもち数字を管理していくことが大事ですね。

 

毎日、ははーと納得しているだけでは駄目ですね。

 

数字にしっかりと意識を持ちながら実行していくことをしなければいけませんね。

 

今日も一日がんばります。

 

コメント