" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

新しい数でソロバンをはじく(小林一三)|5月20日

2020.05.20 Wednesday

JUGEMテーマ:日常

 

#おは戦20520ms #愛拶0520 #旭川 #朝勉 #朝活 #商いの心 #小林一三

 

新しい数でソロバンをはじく(小林一三)

 

阪急グループの創始者・小林一三(前出)は、つねに収支計算予想を正確にはじき、ソロバンに合わない、つまり採算のとれない商売には一切手を出さなかった。ただその収支計算予想では、一般のはじき方とは異なっている小林一三ならではのソロバンのはじき方をしている。世間常識からすると採算の合わない事業、商売でも、小林流のソロバンのはじき方をすると立派に採算が合うというケースが多かったのである。

前掲の言葉は、その小林流ソロバンのはじき方に関してのもの。まず次のように説いている。

「事業に成功するには、ソロバンが確かでなければならない。ソロバンが確かとは、パチパチと器用に、巧妙に、指先が動く、そして間違わなぬということではない。頭の中のソロバンが確かなことだ」

そして、こう補足している。

「いままでと同じ数ばかりはじいていたのでは、いくらはじいても新しい答えは出てこない。それでは事業は一向に発展してゆかぬ。新しい数を加えてみる。掛けてみる。割ってみる。そして新しい答えを見出す。そいういう頭の人が事業を成功する」

 

5月20日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはよございます。

 

ソロバン確かというのはそういうことではないんですね。

 

説得力のある言葉です。

 

発展していくものとは、新しい数を掛けたり割ったり足したり引いたり。

 

常にそういう考え方をもって事業をやっていかなければいけませんね。

 

発想の転換が必要ですね。

 

今日も一日がんばります。

コメント