" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

会社は目に立たぬ不経済から崩壊する(岩崎弥太郎)|5月12日

2020.05.12 Tuesday

JUGEMテーマ:日常

 

 

#おは戦20512mg #愛拶0512 #旭川 #朝勉 #朝活 #商いの心 #岩崎弥太郎

 

会社は目に立たぬ不経済から崩壊する(岩崎弥太郎)

 

旧三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎(前出)は、大胆そのものの人物として知られたが、半面で冗費の支出にことのほか厳しかった。明治十三年(一八八〇)十月に、会社の用紙一枚を私用に使った幹部社員に十五円の減俸処分を(現在の三万円相当)をしたというエピソードが伝えられている。

前掲の言葉はその折に岩崎弥太郎が語ったもの。次のように語っている。

「酒樽の大きな穴から、どっどっと洩る酒は、誰でも気がつく。が、樽の底の髪の毛で突いた程の隙間から洩れる酒には誰も気がつかない。たとえ気がついても、それが知らぬ間にどんなに多く洩れてしまうか気がついているものはない。会社経営でも同じだ。目に立つ不経済は誰にもよくわかるが、目に立たぬ不経済に気がつくものは少ない。だが会社は目に立たぬ不経済から崩壊するものである。激しい競争に勝つべき法とは、ただ冗員を検討し、冗費を省くをもって必須とする。」

 

5月12日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

冗費(じょうひ)無駄な費用。

 

無駄な人員、無駄な費用。

 

これは実際に今一番大事なことだともいえますね。

 

常日頃、人の大事さをとくとくと教えられてきていますが、ここにきては致し方無いことですね。

 

使うべきところには使い、無駄なところは省く。

 

細かく無駄を省くことが今は大事なことです。

 

しかし、自分の頭の中の無駄も減らさねばいけません。

 

今日も一日がんばります。

コメント