" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

お客様は子供の如し、余念なき子供衆と見よ『三越小僧読本』|3月17日

2020.03.17 Tuesday

JUGEMテーマ:日常

お客様は子供の如し、余念なき子供衆と見よ『三越小僧読本』

 

お客様はお客様なるが故に、時には無理難題をいう。このようなお客様にどのように対応するか。『三越小僧読本』(前出)にはむろんのこと、その時の対応の方法も盛り込まれている。「御客様は子供の如し。余念なき子供衆と見よ。三越の小僧(店員)はその御相手と思へば間違ひなし。いかなる難題も柳に風と受け、笹に雪とこたへ、在店中はいかにも楽しく、愉快に観覧、娯楽に身も心も堝化(かか)(堝―るつぼ。堝化―とける)するまで仕向けざるべからず」

そして「三越の小僧たる者、寸時も油断せず、一々御客様の脈をとらぬまでに親切、用意、正直、機敏、あらゆる匙加減(さじかげん)を用うべきものなり」と結んでいる。お客様は子供如し、あらゆる匙加減を用うべきものなり‥‥。だれもが頷く条項ということであろうか。

 

3月17日、商いの心一日一言の言葉です。

 

こんばんわ。

 

本日は朝活失敗につき夜となりました。

 

いかに一日の短いことかとも思います。

 

話は変わって、無理難題をいうお客様にもしっかりと対応せよ。

 

確かにそうです。

 

言ってくれるうちが花。

 

去る時は音もたてずに違うとこに行ってしまいます。

 

当社を利用してもらうには理由が必要です。

 

自社の強みをしっかり磨き社風にまでしたいものですね。

 

今日も一日がんばります。

コメント