" />

株式会社ニムリスで運営するお店の更新情報や北海道旭川市の情報、店長で私ごとなど不定期にブログにしたためていこうと思っております。

ブログメニュー

カレンダー

<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

素手で帰すは、商ひの大下手(おおへた)『富貴の地基』|3月8日

2020.03.08 Sunday

JUGEMテーマ:日常

 

素手で帰すは、商ひの大下手(おおへた)『富貴の地基』

 

江戸時代の商人たちの共通の悩みの一つに、値切り魔対策があった。商品を散々いじり回して欠陥がないか確かめ、ちょっとでもキズがついていると値切りに値切るという、値切り魔が少なくなかったのである。この値切り魔にどう対処するか。江戸商人らは知恵を絞っているが、対処策は一つだった。

『富貴の地基』(著者、出版年月不詳)をみると、次のように出ている。

「買手は、必ず代物(商品)を見さらしたる上、ねごりこぎり(値切りに値切る)するものなれば、少しの不省たる體(てい)もなく(少しの不満もみせず)却って、その買手の機嫌をとる事、身にも親にもかへぬ、大恩ある主人の如くあしらひ、是非とも買うて帰らねばならぬやうの、義理をみせるが肝要。また、かさねて見合わせて参るといふて帰らうとする買手を、素手にて帰すなどは、商ひの大下手。立身出世する商人の意入(こころいれ)(心得)に決してあるまじき事なり」

 

3月8日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

値切るお客様をどううまく接するのか。

 

これはとても大事なことですね。

 

大恩ある主人のごとくという感じで、常に感謝をしめすことが大事なんでしょう。

 

これは通常でもたまにあることで少しの値引きが安心感を与えるということがあります。

 

言い方や態度振る舞いでお客様の印象は大きく変わるものです。

 

今日も一日がんばります。

 

コメント