" />

株式会社ニムリスで運営するお店の更新情報や北海道旭川市の情報、店長で私ごとなど不定期にブログにしたためていこうと思っております。

ブログメニュー

カレンダー

<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

応答(あしらい)、信(まこと)をもって申すべし(微堂『渡世肝要記』)|3月3日

2020.03.03 Tuesday

JUGEMテーマ:日常

応答(あしらい)、信(まこと)をもって申すべし(微堂『渡世肝要記』)

 

『渡世肝要記』(文化四年・一八〇七年版)に書かれている商人心得の多くは、江戸中期の商人たちがいわば一般常識として知っていたもので、その意味ではやや新鮮味に欠ける。しかし、常識すなわち、だれもがごく当たり前のこととして日頃実践しているかというと、さにあらずで、当たり前のことを当たり前のこととして実施している人はほんの数えるくらいしかいない。

江戸商人たちもまた同じだった。『渡世肝要記』の著者・微堂(筆者)があえて商人心得の常識を集大成して世に送り出した所以。そのことも知った上で、次の接客心得を説いた一節を読み直してみたい。

「よろず、買ひものに御出候人々には、まず柔らかなることばをかけ申すべし。応答(あしらい)よき方にて、たれ人も買ふべき事なれば随分いんぎんして、応答、信をもって申すべし。偽り申す事あるべからず」

ごく当たり前のことといえば、それまでのこと。が問題はそれを実践し続けているか否かだ。

 

3月3日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

たしかに当然やるべきことだと私も思います。

 

これが出来ているのでしょうか。

 

接客は私の仕事ではないと思っていたりと人は勝ってに自分の都合のよい方に考えていきます。

 

しかし、それではいけないですね。

 

ネットの世界ではどうでしょうか。

 

唯一のツールはメールと電話。

 

すぐに答えるのはもちろんです。

 

それとわかりやすいページもお客様のためです。

 

勝手に注文が入ってくることなどないのですからしっかりページも作り込む必要がありますね。

 

当たり前を見直すということは大事なことですね。

 

今日も一日がんばります。

コメント