" />

株式会社ニムリスで運営するお店の更新情報や北海道旭川市の情報、店長で私ごとなど不定期にブログにしたためていこうと思っております。

ブログメニュー

カレンダー

<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

公衆の利益本位(日比翁介)|2月25日

2020.02.25 Tuesday

JUGEMテーマ:日常

公衆の利益本位(日比翁介)

 

日比翁介(ひびおうすけ)(万延元年。一八六〇〜昭和六年。一九三一)は、三越の再建者で、旧三井呉服店を日本初のデパートへと脱皮させた人物として歴史に名を残した。その日々翁介が三越再建時に繰り返し力説したのは、公衆の利益本位ということで、それは「三越の公益宣言」として今日へと伝えられている。

まず、次のよう説いている。

「三越はただ儲ける丈(だけ)ではいかぬ。儲ける傍ら、客の便利を図らねばならぬ。また儲けて客の便利を図る丈ではいかぬ。儲けて客の便利を図る傍ら、永遠的国家的観念をもって経営し、国家に貢献する所がなければならぬ」

そうしてこう続けている。

「デパートメントストアは、あくまでも公衆の利益を本位とせねばならない。もし私利的デパートメントストアありとせば、それは自然の力によって打倒さるべき運命を有するものである」

 

2月25日、商いの心一日一言の言葉です。

コメント