株式会社ニムリスで運営するお店の更新情報や北海道旭川市の情報、店長で私ごとなど不定期にブログにしたためていこうと思っております。

ブログメニュー

カレンダー

<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

信(まこと)の商人の常の道(茂庵老人『町人常の道』)|1月17日

2020.01.17 Friday

JUGEMテーマ:日常

 

信(まこと)の商人の常の道(茂庵老人『町人常の道』)

 

『町人常の道』は、茂庵(もあん)老人(筆者)なる人物が享保十九年(一七三四)に執筆したものを四十五年後の安永八年(一七七九)に出版したもの。君子の道である「仁・義・礼・智・信」のいわゆる”五常”のなかから、とくに”信”をとりあげていて、まず、

「信(まこと)といふことを町人(商人)は常の道と心得て学ぶべし」

と説き、信を定義して次のように補足している。

「信とは、何事にも契約をたがへず、始めから其終わりまでよくつつしむをいふなり。和語(日本語)には真語と訓訳す。契約をたがへず虚言(うそ)をつかぬやうに守れば、其信の中に町人(商人)相応の礼もおのづからそなはる(備わる)べし」

正直かつ誠実で、約束を守ることが即ち信であるというのである。そして、信こそが商売繁盛のもとであると説いているが、さらに次のように付記している。

「高利を貪りて信なき商人はきわめて長久ならず」

 

1月17日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

五常、大切なことばかりです。

 

商売の世界も正直でなければなりませんね。

 

適正な利益を得るためには商品が他にないものでなければなりませんね。

 

それは、いろいろな形で違うものにしなければいけません。

 

品揃えの多さ、出荷の早さ、カスタマーの親切さ。

 

人間力というのも他でまねできないものかもしれません。

 

独自の価値をつくりだしていくことを考えて今日も一日がんばります。

コメント