" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

挊(かせ)ぐに追付(おいつ)く貧乏なし(頓宮咲月『家内用心集』)|1月11日

2020.01.11 Saturday

 

JUGEMテーマ:日常

 

挊(かせ)ぐに追付(おいつ)く貧乏なし(頓宮咲月『家内用心集』)

 

頓宮咲月(はやみしょうげつ)(筆者)の『家内用心集』(享保十五年・一七三〇年版)は、商人の日常の心得をまとめたもの。内容はごく常識的でとくに注目すべきものもないものの、当時の商人の日常心得を知るのに恰好(かっこう)のものといえる。

筆者の頓宮咲月がとくに力説しているのは、「挊ぐ(稼ぐ)に追付く貧乏なし」ということ。次のように説いている。

「誠に一年の計(はかりごと)は春耕にあり、一日の計は鶏鳴(けいめい)にあり。朝早く起き、一日に僅か、一時(二時間)余計に働けば、年中には三百六十時なり、合すれば六十日の勤に当り、三年には半年余の働となる。かくするを家風としれば天地の理に叶(かなう)ふ故、仕合(しあわせ)(幸せ)よきものなり。挊ぐ(稼ぐ)に追付く貧乏なし。油断なく働けば、間もなく仕合となるべし」

平凡そのもの映るものの、それゆえに商人のい日常の心得の一つとされた。

 

1月11日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

たしかにと思いますね。

 

三年で半年の差となる。

 

天地の理。当然のことですね。

 

そういう家風をつくっていくことが大事なことなんですね。

 

なるべくしてなる。

 

今日一日がんばります。

コメント