" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

貧となり富となる、偶然にあらず(二宮尊徳『二宮翁夜話』)|1月6日

2020.01.06 Monday

 

JUGEMテーマ:日常

 

貧となり富となる、偶然にあらず(二宮尊徳『二宮翁夜話』)

 

二宮尊徳の『二宮翁夜話』(前出)の魅力は、平易な言い回しのなかに不変の哲理を簡潔に説いているところにある。前掲の言葉もその一つ。「富は富者のところのみに集まる」と嘆く人たちの誤りを、まず次のように説いている。

「貧となり富となる。偶然にあらず。富も因(よっ)てくるところあり。人皆、財は富者のところに集まると思へども然(しか)らず。節倹(せっけん)なるところと勉強するところに集まるなり」(二宮翁夜話巻之三)

そして、こうも説いている。

「富と貧とは、元遠く隔(へだつ)つものにあらず。ただ少しの隔(へだたり)なり。その本源はただ一つの心得にあり。貧者は昨日の爲に今日勤め(働く)、昨年の爲に今年勤む、故に終身苦しんでその功なし。富者は明日の爲に今日勤め、来年の爲に今年勤め、安楽自在にして成す事、成就せずといふ事なし(同右)

 

1月6日、商いの心一日一言の言葉です。

 

おはようございます。

 

貧乏人の基本は過去に囚われているということなんでしょうね。

 

未来思考でいることが大事だというのが商いの基本だということ。

 

常に次の季節はこう売っていくとか次はこうなるとか予測しなければなりませんね。

 

過去から学び将来に生かす。

 

今日も一日がんばります。

コメント