" />

カレンダーやタオルからギフト用品を販売するいい暦どっとこむの更新情報を中心に、最近は毎日更新を頑張っています。今年は先行きの不透明感がありますが負けずにカレンダー販売をがんばりたいと思っております。2021年カレンダーも是非、株式会社ニムリスにお手伝いさせてください。よろしくお願いします。

ブログメニュー

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最新記事

コメント

カテゴリー

記事一覧

検索

プロフィール

リンク

Feed

売利ヲ得ルハ商人ノ道ナリ(石田梅岩『都鄙問答とひもんどう』|1月3日

2020.01.03 Friday

 

JUGEMテーマ:日常

 

売利ヲ得ルハ商人ノ道ナリ(石田梅岩『都鄙問答とひもんどう』

 

石田梅岩(貞享二年・一六八五〜延享元年・一七四四)は江戸時代中期の町人学者で、石田心学の始祖。商人の存在と商人の営利行為の正当性を理論的に立証し、さらにその理論の上に立って守るべき商人道を説いた。

『都鄙問答』は、石田梅岩と門弟たちの問答を整理して上梓公刊したもので、元文四年(一七三九)版。前掲の言葉は『都鄙問答』の中でも最も有名なもので、次のように説いている。

「細工人ニ作料ヲ給ルハ工ノ禄ナリ。農人ニ作間ヲ下サルコト、是モ士ノ禄ニ同ジ。商人ノ買利モ天下御許シノ禄ナリ。売利ヲ得ルハ、商人ノ道ナリ。元銀(元値)ニ売ルヲ道トイフコト聞カズ」

売利を得るは商人の道なり―。

すなわち商人の本分は利益を追求することにある、と説いている。これは商人は利潤追求に生きるのだ、というホンネを世界で初めて真正面から説いたものである。

 

1月3日、商いにの心一日一言の言葉です。

コメント